窓・サッシのリフォーム
住まいの中でも傷みやすい個所のひとつが「窓・サッシ」。
近年、防音効果や遮熱効果があるものなど様々な機能が付加された製品も普及しつつあります。
ここでは、サッシリフォームのノウハウや役立つ情報をまとめました。ぜひご活用ください。

窓のお悩み対策

お住まいのこんなお悩みはありませんか?その悩みを窓のリフォームで解決できます。


冬暖かく、夏涼しくしたい
外からの日射熱を室内に入れないようにするのが「遮熱」で、部屋中の熱を逃がさないようにするのを「断熱」といいます。
窓から出入りする熱は意外にも多く、窓から逃げる熱を逃さないことがムダなエネルギー消費を防ぐポイントになります。

高機能ガラスで住まいの不快感を解決

遮熱対策
夏の日差しが不快
外からの日射熱を室内に入れないようにするのが「遮熱」です。
夏に窓から入る熱は、家全体の71%に達します。
ガラスを変えるだけで、 外からの熱を入れずに部屋の室内温度を快適に保つことができます。

断熱対策
冬の寒さが辛い
冬の暖房時には、一枚ガラスだと48%もの熱が窓から逃げてしまいます。
熱を逃さずに効率よく蓄えておくことは、もっとも外気の影響を受けやすい窓の断熱化から始まります。
断熱効果のあるガラスは、結露などさまざまな弊害を低減させ、住まいと住む人の健康を守ります。

結露や紫外線を防止したい

寒い季節や梅雨などの時期は窓に無数の水滴がつくことを結露といい、そのまま放置しているとシミやカビの発生する原因となります。
また、窓からの紫外線も意外に多く、窓ガラスを 交換するだけで、紫外線を大幅にカットします。

・結露対策

真冬と梅雨は結露の季節
結露とは、水滴が真冬や梅雨時に窓を濡らす現象のこと。放っておくと、壁やカーテンなどがシミやカビになったり、
湿度を好むダニが発生したり、建物の骨組みなどを腐らせて家の寿命を縮める原因にも。
窓の結露を抑えることは住まいの不快感を減らすことなのです。

不快な結露の正体は、空気中の水蒸気
たとえば、冷たい飲み物の入ったグラスやバスルームの鏡など、結露は窓ガラスだけでなく、 さまざまなものに発生します。
結露する場所は違っても、その原理はみんな同じです。暖かく湿った空気が冷たいものに触れて、 水滴へと変化しているのです。
つまり、結露の正体は、もともと空気中にあった水蒸気。
ガラスが結露しやすいのは、家の中でいちばん外の寒さの影響を受けて冷えやすい場所だからです。

住まいにとっても、結露は大敵
結露は濡れたまま放っておくと、カーテンや壁がシミになったり、汚いカビになったり、さらにはダニが発生して、
喘息やアトピーなどの遠因となることさえあります。
見えるところが結露していない時でも、見えないところが結露している可能性があります。
それは、壁や押し入れの内部に発生する「内部結露」。
放っておくと、気づかないうちに建物の骨組みなどを腐らせて、家の寿命を縮める原因ともなってしまいます。

・紫外線対策

エコガラスなら紫外線を82%以上カット
現代の家では、窓による紫外線対策は欠かせません。そこで活躍するのが高機能ガラス。
遮熱・断熱だけでなく紫外線にも効果を発揮します。
普通の一枚ガラスは紫外線を約26%しかカットしませんが、エコガラス(※)は約82%以上と大幅にカットします。

結露に困らない窓選びには…「冷えにくい窓にする」のがポイント。

ガラスや窓を二枚重ねにして空気の層をはさんだり、冷えが伝わりにくいプラスチック素材の窓に変えるなど、窓の断熱化によって結露を抑えることができます。

騒音や家の音を静かにしたい

住宅の窓の防音はサッシとガラスの両方で考えることが重要です。室内側にもう一つの窓を設置することで、漏れる音をもう一回カットすることは防音対策として有効な対策です。
二重窓にすることにより、熱対策にも有効です。

・静かな住まいは45デシベル以下が理想

一般的に、5dB分の音が減ると防音効果を感じることができ、10dBの音が減ると、感覚的に騒音は半減します。
また、昼間の場合、周囲の騒音レベルが45dB以下だと「静か」に感じ、およそ60dBを超えると「騒がしさ」を感じます。

・二重窓は防音の切り札

住まいの防音対策としては、まず隙間が少なく高い気密性が確保されていること。空気音はまず隙間から出入りするのです。
今ある窓の内側に「まどまど」を取り付けると約40dBの音をカットすることができます。さらに断熱性能は1枚ガラスの約2~3倍で、冬の寒さも寄せつけません。

・防音対策になる窓選び、「内窓をつける」だけで騒音が-40dBもダウン。

ガラスの厚さを変えたり、窓を2重にすることで、室内に入ってくる音を、望ましいレベルにまで下げることができます。

空き巣、災害から守りたい

すぐにガラスが破損する窓は、防犯性が低いため空き巣の被害に遭いやすい状態になっています。
また、地震・台風などの災害に対しても破損した窓ガラスの破片が飛び散ったり脱落して二次被害に遭いやすくなります。

・防犯対策

空き巣の侵入の5割以上がガラス破り
防犯の基本は施錠ですが、1階まわりへの侵入は窓ガラスを破壊するケースが多く、
特に一戸建て住宅の空き巣狙いは、ガラス破りが侵入方法の5割以上と圧倒的な多さです。
対策として静かに破壊しようとしても貫通に時間がかかること、ガラス破壊時に大きな音がすることが有効です。
短時間で破ることが難しい特殊フィルムのより厚い合わせガラスを用いましょう。

・防災対策

二重窓は防災の切り札
特殊フィルムを挟んだ防犯・防災ガラスであれば地震・台風などの災害や
衝撃などで万一ガラスが割れた場合でも、破片が飛び散ったり脱落しにくくなります。

防犯対策になる窓選びは、「泥棒に嫌われる窓」にするのがポイント。
侵入に5分以上かかると約7割の泥棒が侵入をあきらめるというデータがあります。
侵入にてこずる窓にすることで、防犯性を高めることができるというわけです。
二重窓など見た目にも侵入が大変そうな窓にすることも有効です。