外壁・屋根のリフォーム
住まいの顔といわれる「外壁」。住まいの寿命にもかかわる重要な建材です。
選ぶ際には、耐候性や耐久性、耐水性、遮音性、断熱性、耐火性、メンテナンス性などを考慮しましょう。
また、「屋根は」普段目にする箇所でないため、劣化状況や損傷度合いが分かりづらい部位です。
そのため、いわゆる悪徳業者による被害も多いとされている部位のため、業者選びにも慎重さが大事です。
ここでは、各箇所のリフォームの役立つ情報をまとめましたのでご活用ください。

外壁リフォームの種類

外壁の種類としては、大きく分けて2種類に大別されます。
リフォームに最適なのは、コストを安く抑えられる「塗装」か、家の印象を大きく変えるテクスチャーを持ち合わせた「サイディング」が最適です。
「サイディング」はボード状の外壁材を下地に打ちつけ、施工を行います。タイルやレンガ調、石目調などのデザインがあります。

アクリル塗装
特徴・・・塗装の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料です。
     種類も多く、最も経済的と言えます。
     塗り替え目安・・・約4年~7年
ウレタン塗装
特徴・・・塗装の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料です。
     非常に塗膜が強く、耐水性、耐久性に優れています。
     塗り替え目安・・・約7年~10年

シリコン塗装
特徴・・・塗装の主成分である合成樹脂がシリコン系の塗装。
      耐久性に優れているため、現在では塗料の主流になっています。
     塗り替え目安・・・約10年~13年
フッ素系塗装
特徴・・・塗装の主成分である合成樹脂がフッ素系塗料のこと。
      優れた耐候性がり、長期間の耐久性を持っています。
     塗り替え目安・・・約15年~20年
また、塗装は種類より様々な機能をもっているものもあります。以下は代表的な塗料とその機能になります
      遮熱塗料     : 屋根や外壁などの表面温度が上がることを防ぎ、建物内部温度が上昇することを防ぎます。
      防カビ・抗菌塗料 : カビ菌糸の侵入を防ぐだけではなく、製品表面上にも定期洗浄との相乗効果により菌を増殖させません。
      透湿型塗料    : 水は通さず湿気と空気を通します。液体である水と期待である湿度粒子とでは分子の大きさが異なることを利用した塗料です。
      光触媒塗料    : 紫外線によって塗膜表面に付着する汚れを分解し、親水化された塗膜により雨水が汚れの下に入り込み洗い流すことができます。

塗り替えの時期と目安

塗り替えの時期の目安は塗料にもよりますが、一般的には10年ぐらいから劣化が始まるといわれています。
チェックポイントとしては、塗装のヒビ割れや塗膜の剥がれ、カビ発生など目視できる劣化が確認できたら要注意です。
外壁であれば10年~15年、屋根であれば10年を再塗装の目安とします。
また、木材に直接塗られた塗装の場合は、さらに劣化がはやく5年ほどで塗り直す必要が出てきます。

サイディングの特徴

建物の外壁に使う板状の外装材のことです。不燃外壁材が主に使われ。耐火性や耐久性に優れているため、木製板の代わりに使用されるようになりました。
サイディングボードとも呼ばれ、比較的安価で、色柄やデザインが豊富です。種類は、セメント(窯業)系とセラミック系と大別できます。
以前は数年ごと再塗装が必要だと言われていましたが、現在では、雨水などによる汚れが付きにくく、耐久性を高めた製品も登場しています。
サイディングの場合はシーリングの点検を3~5年を目安に実地し、必要に応じて補修しましょう。

金属系サイディング
スチールやアルミを表面材として、中に断熱材を入れて成形したもの。
表面は、メーカーにより工夫された様々な色・デザインがあります
断熱性・防音性に優れ、窯業系サイディングの約1/4の軽さの為、
建物に負担を掛けない
のでオススメです。
既存の外壁材の上から貼る重ね張りにも対応できます。
窯業系サイディング
セメントなどを主原料として木片や無機物を混ぜて強化し、プレス形式したもの。
表面は、リアルなテクスチャーを表現したものもあり、様々なデザインがあります。
木質系サイディング
天然木に塗装を施したもので、耐熱性能に優れています。
木材なので、防火地域では使用できない場合があります。
あまりバリエーションがありませんが、木の独特の味わいがありますので、
自然に囲まれた家にはとても合います。
樹脂系サイディング
樹脂系サイディングは耐久性が高くメンテナンスが楽な外壁材で、塗り替えの必要もなく、
とても優れた外壁材です。デザインのバリエーションは少ないです。
他のサイディングは約10年おきに塗り替えが必要ですが、樹脂サイディングは、
材料に顔料が塗り込まれているため、劣化しても塗装がはがれることはありません。
汚れも落ちやすく、一部破損した場合でも一部分を張り替えることもできます。

屋根のリフォーム方法

屋根の補修方法は、「塗り替え(塗装)」、「重ね葺き(カバー方法)」、「葺き替え」、「葺き直し」の4種類があります。
どの補修方法になるかは屋根の材質や傷み具合などにより異なってきますので、リフォームの際はご相談ください。

塗り替え

塗り替え
屋根の塗り替えは、ストレート瓦やトタン屋根、ガルバリウム鋼板の屋根で必要になります。
使われる塗料によって耐用年数が変わってきますが、コストパフォーマンスに優れたシリコン塗料や、
耐用性が高いフッ素塗料が一般的です。最近は、遮熱、断熱塗料が使われることが多くなってきています。

葺き替えと重ね葺き
屋根の劣化が激しい場合や、前回のリフォームで塗り替えを行った場合は屋根の
葺き替え重ね葺き(カバー工法)を行うのが一般的です。
葺き替えは屋根材の傷みが激しい場合に、既存屋根材を撤去して新しい屋根材を葺きます。
下地のやり直しも含めて検討します。

重ね葺きは、色彩スレートなどの屋根材で屋根材は傷んでいるが下地はしっかりしている
場合、軽量の金属屋根などを、既存屋根に重ね張りする方法です。

屋根材の種類と耐久性
ストレート屋根は一般住宅でよく見られる屋根ですが、塗り替えが必要なことを
知らない方も多いです。カビやコケが発生したり、劣化したまま放置すると
ヒビ割れや破損が発生 し雨漏りの原因になります。
銅板は塗り替えが不要と言われていますが、 屋根材が接する素材によって
耐久性が変わってくるため、色あせやサビなどがみられる場合は塗り替えが
必要になってくることもあります。