クロス(壁紙)のリフォーム
壁紙・クロス選びは、お部屋の雰囲気を決める重要なポイント。
ちょっとした色合いや材質の違いでお部屋の印象がガラッと変わります。
ここでは、壁紙・クロスリフォームのノウハウと事例を中心に、役立つ情報をまとめました。
リフォームの際の参考にしてみてください。

汚れが目立つ前に早めの張り替えを

壁紙の張り替え時期の目安は5年~。
汚れや傷みが目立ってきたら、壁紙の張り替えを検討しましょう。
壁紙は10年前後で張り替えるのが一般的です。
しかし、キッチン・トイレといった水回りや、たくさんの人が集まるリビング、喫煙者がいる場合などはそれよりも短くなります。
ぜひ汚れが目立ってくる前に、張り替えるようにしましょう。壁紙を新しくすれば、見た目も気分もリフレッシュできます。


壁紙ではなく、下地が傷んでいると「下地の修繕」が必要になってくるので、剥がれた・傷んだ壁のまま放置してしまうと余計に出費になってしまうことも…

こんな症状がでていたら張り替えの時期?!クロスの張り替えチェックリスト
  • 壁・天井の汚れが目立つ。壁の色が変わってきた。
  • 表面がケバ立ち、たわみ、シワが目立ってきた。
  • クロス表面に急にカビが生えてきた。
  • 防水性能、消臭機能などがなくなってきた。
  • 壁紙の継ぎ目に汚れが溜まってきた。
  • 壁・天井にヒビが出てきた、穴が開いている。

他にもこんな時、クロス張替えタイミングです!

古くなったお部屋の模様替えキッチンや居室をリフォームした
不動産を購入時または売却したい冷蔵庫や家具の買い替えをした

クロス素材

「クロス」とは家やオフィスのお部屋に貼る壁紙のこと。クロスの素材は大きく分類することができます。

ビニールクロス
クロスの中で多用されているのがビニールクロス。 他の素材に比べ安価で、品質も安定しており、耐久性も高く、お掃除もしやすいクロスです。
色やデザインも豊富です。 ビニールクロスは、塩化ビニール樹脂などを主な素材とするビニールシート紙などを裏打ちしたものです。
表面加工の方法によっても分類することができ、たとえば、表面に凹凸のあるエンボス加工や発泡させたもの、プリントを施したものなど多種多様。
クロスにさまざまな機能を持たせている商品も多くみられます。

織物クロス
織物クロスは、レーヨン、絹、麻などで作られるクロスです。
平織や綾織、不織布などがあります。ビニールクロスと比べて高級感、重厚感があります。
ホコリを吸着しやすいので、定期的に掃除やメンテナンスが必要です。
ホテルや美術館などパブリックスペースで使われることもあります。

紙クロス
紙クロスは、パルプが原料の洋紙を原紙に、プリント加工やエンボス加工したクロスです。
和紙、ケナフなど非木材紙を原料としたものなどあります。紙は音を吸収し、空気を通す素材であり、
また、環境や健康の配慮がなされている素材として注目されています。
ほとんど輸入壁紙ですが、手すき和紙の紙クロスもあります。

その他
紙と珪藻土を混ぜてつくられる「珪藻土壁紙」、金属やガラス繊維が原料の「無機質壁紙」、 ポリエチレン・ポリプロピレン
などの合成樹脂を主原料とした「オレフィン」、薄くカットした天然目やコルクなどを貼り合わせた「木質系壁紙」、
メタリックなクロスなどがあります。

※画像は珪藻土

クロス・壁紙の色、柄選びのポイント

ホワイト系
広い部屋では、白いものはより白く、黒いものはより黒く見えると言われています。
白い壁紙に蛍光灯の白い光を当てると、より白さが際立ちます。
清潔感を際立たせたい、光が届きにくい部屋などにおすすめします。

ブルー系
落ち着きがあり、色味によって安らかな気持ちに癒してくれるブルー系。
海や空をモチーフにしたかわいらしいパターンのクロスは子供部屋や水回りに最適。
トイレ、脱衣所など水回りに選べば清潔感も出てとっても明るい印象のお部屋になります。

グリーン系
自然・調和・バランスを象徴するグリーン。
目に優しく、疲れた神経・心身を癒し穏やかな気分になれます。
和紙のモチーフで趣のある空間になり和室に最適。木製の家具によくにあいます。
やや濃い色の壁紙をアクセントとして寝室やトイレなどに使うと落ち着きがありおしゃれな印象になります。

イエロー系
知性・知識・判断・ハッピー、明るい印象になるイエロー系。
淡い色は柔らかく明るい印象で、光が入りにくい部屋も明るくなります。
パステルカラーのイエローはお子様が過ごすお部屋や、暖色系なのでキッチンに取り入れても良く合います。

ピンク系
心身を癒し気分を優しい印象を与えるピンク系。
鮮やかな色はおしゃれ、元気、可愛さもあります。淡い色を選べばふんわり、甘い印象になりますが落ち着きも得られます。
濃い色は壁4面に張るというよりも1面だけ張ればかわいい・おしゃれな雰囲気のお部屋になります。

ブラック系
冷静な気持ちをもたらし、優雅さ、重厚感を与えるブラック系。
少し取り入れるだけでとっても強い印象のお部屋になります。
壁4面に張るというよりも1面だけ張る使い方がおすすめ。
重厚感、高級感のある雰囲気のお部屋
になります。

織物調
織物調には落ち着きがあり、豪華な雰囲気を醸し出します。
リビング、キッチン、居間などどこにでも合わせることができる柄です。

石目調
模様にもよりますが高級感、ナチュラルテイストの漂う雰囲気になります。
リビング、キッチン、居間などどこにでも合わせることができる柄です。
とくに、洗面所やトイレ、玄関などにおすすめです。

木目調
木目の種類によってバリエーションもある木目調。
天井1面に貼ったり、和室におすすめです。

パターン
模様によって個性的なお部屋になります。
インテリアや個性を出したい場合は、パターンのある壁紙から探してみてはいかがでしょうか。

汚れが目立つ前に早めの貼り替えを

次のような点に気をつけていれば、壁紙は長い間、美しい状態をキープすることができます。

直射日光を当てない
壁紙の大敵は紫外線。
普段はあまり使わない部屋にはカーテンやブラインドを使って、できるだけ直射日光が当たらないようにしましょう。
強い日差しが気になる場合には、UVカット機能が付いたカーテンを取り付けるのもおススメです。

熱風、高温を避ける
ストーブや暖房など炎の熱で、壁紙が変形・変色することもあります。
そうした暖房器具を使うときには、熱風が壁紙に直接あたらないよう注意する必要があります。
また加湿器を使用する際も、湿度が高くなりすぎないように気を付けましょう。

粘着テープを貼らない
セロハンテープやガムテープは変色・汚れの原因となりますので、できるだけ貼らないことをおすすめします。

よく換気する
タバコの煙や台所の油煙は短期間で壁紙を変色させるほか、水蒸気などによる結露はシミやカビ、剥がれの原因となります。
それらを防ぐためにも、換気扇や除湿器をこまめに使うことをおすすめします。

できるだけキズをつけない
家具の角を当てたり爪を立てたりして、壁紙にキズをつけないようにしましょう。
また、子供がイタヅラ書きしそうな場所にはシートを張るなどの方法が効果的です。

家具と壁面のスキマをあける
家具の角を当てたり爪を立てたりして、壁紙にキズをつけないようにしましょう。
また、子供がイタヅラ書きしそうな場所にはシートを張るなどの方法が効果的です。

薬品類をつけない
殺虫剤や塗料、医薬品や口紅なども、壁紙を痛める原因となります。
不用意にそれらを付着させないように気を付けてください。

壁紙・クロスのお手入れ方法

普段から気をつけているつもりでも、いつのまにか壁紙に汚れが、なんてこともありますよね。
そんな風にもし汚れなどを見つけたら、早めのお手入れが大切です。
壁紙によってケアの方法が異なりますので、それぞれに応じたお手入れ方法をここでは紹介いたします。

ビニル壁紙のお手入れ法
壁紙の中でも、比較的お手入れしやすいのがビニル壁紙。
一般的なビニル壁紙であれば食べ物や飲み物などが付いた場合でも、水を固く絞った雑巾で拭き取ればほとんどの汚れは取れるようになっております。
もしもそれでも落ちにくい場合は、家庭の中性洗剤を使うといいでしょう。ただし、表面に残った洗剤はキレイに拭き取り、最後には乾拭きをします。
防汚機能付きビニル壁紙は表面にフィルムがラミネートされているので、油性マジックやクレヨンなども、乾いた雑巾で簡単に落とすことができます。
織物壁紙(布クロス)のお手入れ法
織物壁紙の表面は水拭きすることができません。そのためブラシを付けた掃除機やハタキでホコリを取るというのが主なお手入れ方法になります。
また、ジュースやケチャップなどの汚れが付いた時は、固く絞った布などで表面を軽くたたくようにして汚れを取ってください。
オレフィン壁紙のお手入れ法
オレフィン壁紙に食事中の汚れがなどが付いた時は、固く絞ったスポンジ布で吸い取るように汚れをふき取りましょう。
また、汚れ防止機能がついているものは、抗菌性のフィルムがラミネートされているため、壁紙内部にまでは汚れが浸透せず、拭き取りやすくなっております。
油性マジックやクレヨンなども落とすことが可能です。
壁紙の剥がれ
部分的な剥がれであれば、ほとんどは文具糊や木工用ボンドなどで張りつけることができます。
補修はまず、剥がれている壁紙の裏面にブラシなどで糊をムラなく、しかもはみ出さない程度に多めに塗ります。
それから10分程おき、下地に張り付ければ完了です。ただ、剥がれた面積が広い場合や何度も剥がれるときは、プロの相談した方が良いでしょう。