キッチン
台所のリフォーム
毎日使う台所は、使いやすくてスッキリ片付き、
お料理が楽しくなるような場所でありたいものです。
ここでは、キッチン・台所リフォームのノウハウと事例を中心に、役立つ情報をまとめてみました。
ちょっと知っておくことで、リフォームの夢が広がります。ぜひご活用ください。

キッチンのスタイル

キッチンを空間としての考え方で分けると、「オープンキッチン」と「クローズドキッチン」の2タイプで大別できます。家族との関わり方を重視するならオープンタイプ。
人の目 からキッチンを隠したい場合はクローズドタイプなど、ライフスタイルや「どのように集い、作り、食べたいか」を考えることが大切です。

クローズドタイプ



キッチンが1室として独立したタイプ。

良いところ!
ダイニングなど他の部屋から見えない。
調理の煙や匂いなど広がりにくく、調理に集中できる。
気になるところ。
閉塞感がある。
調理中にコミニケーションが図りにくい。
セミオープンタイプ



オープンタイプのキッチンを
カウンターで仕切ったレイアウト。

良いところ!
対面タイプだと、調理中もダイニング側とコミニケーションを図りやすい。
気になるところ。
調理の煙や匂いなどが、ダイニングなどに広がりやすい。
オープンタイプ



壁付けのキッチンでダイニング、
リビングと一体化したレイアウト。

良いところ!
調理中もコミュニケーションを図りやすい。
配膳・片付けしやすい。
気になるところ。
調理の煙や匂いなどが広がりやすい。
常にキッチンが見えるので、キレイににする必要がある。

キッチンのレイアウトを考える

キッチンのレイアウトには様々なレイアウトがありますが、レイアウトを決めるときに考えたいのが、調理・後片付けの導線です。
食材のストックをする場や調理からは依然、片付けまでのスムーズな導線だけではなく必要なスペースを考えつつ、レイアウトを決めるのがポイントです。

壁付け型

I型
もっともスタンダードなレイアウト。
キッチンの幅を広くしすぎると、平行移動が増え大変です。
狭いキッチンにオススメ。

L型
作業スペースも広くとれます。
コーナー部分がデッドスペースにならないように配慮が必要です。

II型
シンクとコンロが分離された並例型のレイアウト。
カウンター上に広い作業スペースが欲しい場合にオススメです。

U型
作業スペースを広くとれ、収納も確保できます。
三方を囲むのでクロースキッチンに向いてます。
対面型

フラット対面型
ダイニング側とフラットにつながる開放感あふれるレイアウト。
I型と同じレイアウトですが、料理しながら家族とのコミュニケーションが図れます。

シンクアイランド型
一部を独立させたレイアウト。
広いスペースを必要としますが、家族や友達との料理が楽しめます。

キッチンのサイズ

使いやすいキッチンにするためには、使う人に適切なサイズであることが重要です。
一般的なシステムキッチンは、基本サイズが決まっているのでその中から体格に合わせて選びましょう。

フロアユニットの奥行き

壁付けでは65㎝が一般的で、ほかに60㎝と75㎝タイプもあります。 間口がとれない場合は、奥行があれば作業スペースが広がります。
アイランド型やペニンシュラ型では、90㎝~120㎝が多く、 最近では狭い空間に対応したスリムな75㎝タイプなどもあります。

フロアユニットの間口

一般的なI型システムキッチンでは、幅240・255・270が主流です。 この数字はシステムキッチンの間口大半が15㎝ピッチのユニットの設定のためです。
キッチンの間口は、作業スペースとシンク・コンロのスペース配分で作業効率が変わります。

ウォールユニットの高さ

デッドスペースになりがちなウォールユニットは、使いやすい高さに設置することが大切です。
システムキッチンの場合は、高さ50・60・70・90が主流。 身長やスペース、収納したいアイテムに合わせて選ぶのがポイントです。

フロアユニットの高さ

一般的には「身長÷2+5㎝」という計算式でフロアユニットの高さを割り出します。
最近では、身長が同じでも肘の高さが違うことから「立ったときの肘の高さ-7㎝」という計算式も登場。自分にとって使いやすい高さを選ぶことが大切です。

キッチンの動きやすさの目安としてキッチンの長さを 視覚的に表した「ワークトライアングル」があります。
作業の基本となるシンク・コンロ・冷蔵庫の3点を結んだ三角形 のことで、一辺の距離が2歩程度、3辺の和が3.2m~6mが使いやすい距離とされています。

タイトルの領域

キッチンの背面に収納がある場合やⅡ列型の場合は、通路の幅も検討が必要。
一般的には、85~90㎝
で、このサイズなら振り向いて手が届き、後ろを人が通れます。
キッチンに1人だけなら75㎝でもOKですが、開き戸のユニットには注意が必要です。
また、2人で調理する場合は120㎝程度確保しましょう。

最新キッチンの便利機能

女性の社会進出とともに有職主婦も多く、できるだけ「手早く」「カンタン」にというニーズがキッチンに求められるようになってきました。
また、キッチンで過ごす時間を大切にする人も 増え、インテリアの一部のようにオープンに配置する人も増えてきました。
最新キッチンでは設備や性能、インテリア性が格段にアップしています。最新の設備をチェックして、キッチン選びの参考にしてください。

キッチンの「使いずらい!」を解決する収納

収納力と機能性を備えたベースキャビネット
調理器具や調味料で物が多くなりがちなキッチンの収納には、収納量はもちろんのこと、機能性も重視したいところ。
最新のシステムキッチンは出し入れしやすいスライド収納が多く、奥にしまった調理器具もよく見えて出し入れが簡単。
従来の開き扉のように取り出すたびにしゃがんで手前の物をどかす必要がありません。
スライドレールになっているから内容量が多くても楽に開けられます。
足元部分も引き出しになっているシリーズもあり、スペースを余すことなく使えます。

中身ごと昇降できて取り出しやすい吊戸棚
「吊戸棚の上にあるものを取り出すとき、わざわざ脚立を持ってくるのは面倒」、「重いものを下ろすのがおっくう」
といったことでお悩みなら、 棚の中身ごと昇降する吊戸棚はいかがでしょうか。
取手を持って手動で昇降させるタイプや、スイッチひとつで電動昇降するタイプなどがあり、ご家庭の要望に合わせて選べます。
最新の吊戸棚は地震の揺れを察知してロックがかかる機構を備えているものもあり、より安全性が高まっています。
お手入れしやすさが向上した火回り

レンジフードは自動で掃除してくれる製品も登場
フィルター掃除が面倒だったレンジフード。最新のレンジフードはお掃除のしやすさが進化しています。
例えばトクラスのサイクロンフードIII(※1)は内部への油汚れの入り込みを抑えるため、日常のお掃除は外側の拭き掃除と
小型フィル ターのお手入れだけです。
フィルターそのものをなくしたフィルターレスのレンジフードも登場しており、 一部のメーカーで選べます。
クリナップの「洗エールレンジフード」 (※2)のように、ボタンひとつで全自動で掃除する製品もあります。

※1…対応シリーズ:Bb、ベリー
※2…対応シリーズ:ラクエラ、クリンディ、S.S.

人気のIHクッキングヒーター、定番のガスコンロ
IHクッキングヒーターは表面がフラットだから、サッとひと拭きするだけでお掃除が簡単。
ガスコンロもガラストップ天板のものを選べば、従来のホーロー製のコンロよりグッとお手入れが楽になります。
最近は直接火を使わないことから、高齢者や子供でも安心なIHクッキングヒーターが人気です。
清潔さや節水性に配慮した水回り

進化したワークトップとシンクの構造
Panasonicやトクラスのようにワークトップに人造大理石を使ったキッチンでは、カウンターとシンクに継ぎ目がないから
お手入れとても簡単です。
ヌメリが気になる排水口もシンクと一体成型しているから、お掃除しやすくいつでも清潔に保てます。
ステンレス製のシンクでは、静音設計を搭載した製品が増えています。
例えばクリナップの美・サイレントシンク(※)は制振構造で水はね音が抑えられ、図書館内とほぼ同じ静かさを実現しました。
作業中も会話を妨げられることがありません。

※対応シリーズ:ラクエラ、クリンディ、S.S.

洗浄性能がアップした食器洗い乾燥機
最近の食器洗浄乾燥機は洗浄性能をさらに進化させ、手洗いよりずっと手間がかからずキレイに洗うことができます。
例えば、水の粒子よりさらに小さいスチーム粒子が汚れのくぼみにまで入り込み、手洗いでは落ちない汚れまで洗い流す製品や、
高濃度・高活性酵素洗剤液で、油やご飯など頑固なこびりつき汚れを溶かしながら洗う製品などが登場しています。
騒音についても改善され、騒音値は図書館の中と同じくらいの静かさ(40dB)が平均で、低騒音化を実現しています。

ガスと水を節約できる省エネ水栓
たくさんの水や湯を使うキッチンでは、水やガスのムダ遣いが気になるところですね。
水と湯の境に「カチッ」としたクリック感を設けて、湯を無意識に使わないよう配慮された省エネ水栓が各社から出ています。
また、センサーに手をかざすだけで吐水・止水をコントロールできるタッチレス水栓も登場。
水栓を汚さずに使え、こまめに吐止水できることから節水性が期待できます。