床、フローリングのリフォーム
和室や、絨毯敷きの部屋をフローリングにしたいというお客様をよく見かけますが、
一言でフローリングのリフォームといっても様々なパターンがあります。
ここでは、フローリングリフォームのノウハウをまとめました。ぜひご活用ください。

床材の選び方・基礎知識

「フローロングを防音仕様にしたい」、「畳をフローリングにしたい」などフローリングはリフォーム施工箇所として人気の部位です。 ここではどんな種類があるのか、施工方法などをご紹介致します。

クッションフロアの張り替えタイミング

張り替えのタイミングは約10年程度。剥がれ・汚れが目立ってきたら張り替えを。

ビニール製のクッションフロアは10年前後がリフォーム時期です。
はがれ、落ちない汚れ、劣化による割れなどが目立ってきたら、接着剤や下地の劣化が起きている可能性があります。
クッションフロアの劣化をそのままにすると色ムラやキズが目立つだけでなく、はがれた部分につまづきやすくなり危険ですし、
下に水が入りカビの原因となるなど下地にも影響が出てきます。
クッションフロアの劣化に気づいたらそのまま使用せずに早めの張替えを検討しましょう。

剥がれや割れが目立ったら交換時期。床の下地に響く前に張替えを検討しましょう。

フローリングの張り替えタイミング

張り替えのタイミングは約10年~15年程度。床の傷みが目立ってきたら張り替えを。
きしみや反り、汚れ、キズや色あせなどが目立ってきたら、そろそろ検討時期です。
床鳴りがする場合は、床板の変形が原因か、床下地の傷みが原因なのかを判断する必要があり、それによって工事の内容が変わります。
床の下地が傷んでいる場合は、上を歩くと床がたわみます。床板が変形している場合は、床はしっかりしていますが音だけがします。
このあたりはなかなかわかりづらい部分なので専門家に任せた方が良いかもしれません。

カーペット張り替えタイミング

張り替えのタイミングは約5~6年。取れないシミや汚れが目立ってきたら張り替えを。
カーペットはこまめなお手入れが特に必要になる床材の一つです。
使っているうちに人が歩くところだけが真っ黒く汚れてしまったり、擦り切れている、
重い家具を置きっぱなしにしていたことでへこみが戻らない、日焼けによる色あせ、毛のほつれなどが目立つ場合は張替えを検討しましょう。
ダニやカビが発生している場合は、病気やアレルギーを引き起こし健康を害する可能性もあるので、早急に張替えることをおすすめします。

畳張り替えタイミング

新調してから5年で表替え10年で新調。表面の劣化が目立ってきたら張り替えを。
畳の表面に凹凸が目立ってきたり、変色や汚れがあると要注意です。
模様替えなどをされることで、畳の色ムラが目立ってしまったので
…とリフォームをご依頼される方もいらっしゃいます。
畳は湿気が大の苦手。たんすなどの家具を置いたり、畳の上にカーペットなどを敷いている場合、
カビが発生しやすくなります。天然素材の畳にカビが発生してしまった場合は下地の補修も必要になります。

床材の種類

お部屋のかなりの割合を占め、変えることで雰囲気が大きく変わる「床材」
弊社で取り扱いしている各種床材とその他の床材を紹介します。

クッションフロアについて
デザインが豊富で機能に優れるクッションフロア

クッションフロアは塩化ビニル樹脂を主成分とする意匠性、機能性の高い床材です。
石目調、木目調などのデザインが豊富で、抗菌性・防滑性・耐動荷重性・耐薬品性・帯電 防止性など特殊機能のあるものがあります。
大きくタイルとシートに分類されます。 一般住宅はもちろん店舗(美容室や飲食店)各種建築物にも広く使用されています。
クッションフロアのメリット
・他の床材よりも安価で施工できる
・お手入れが簡単(防水・防汚性が高い)
・居室、水回りなどお部屋の用途が広い
・カラーや模様のバリエーションが豊富
・軽量音の遮音性が高く、音が響きにくい
クッションフロアのデメリット
・家具を置いた痕が残る
・木目調の場合フローリングに見劣りする
・仕上げ面が下地に左右されやすい
(下地の凸凹)
・熱に弱い

現状の床材から機能性の高いクッションフロアに変更する方が増えています!

クッションフロアを、現状のフローリングやカーペット、タイルなどの代わりに活用することで、 耐水性に優れているにもかかわらず、低コストできれいに仕上がるリフォームが可能になります。 下地の上に接着剤で貼り付けるだけなので、他の床材に比べ工期も短く、費用の安さも魅力です。

クッションフロアが最適なお部屋は

クッションフロアを、現状のフローリングやカーペット、タイルなどの代わりに活用することで、 耐水性に優れているにもかかわらず、低コストできれいに仕上がるリフォームが可能になります。 下地の上に接着剤で貼り付けるだけなので、他の床材に比べ工期も短く、費用の安さも魅力です。

寝室・プライベートルーム
日々のお手入れが簡単に!
ダイニング
濃い色にすれば落ち着いた印象に
リビング
家具・ファブリックと合わせて
キッチン
水や汚れに強いので最適です!
ダイニング
デザインにこだわって個性的に
洗面所・脱衣所
水や汚れに強いので最適です!
洗面所・脱衣所
水や汚れに強いので最適です!
トイレ・洗面所
お手入れ簡単で清潔をキープ!
ペットと過ごすお部屋
ひっかきに強い種類もあります!

フローリングについて

木目の美しいフローリングは大きく分けて2種類
フローリングとは、リビングや洋室の床に使用する木質系の板材のことです。
板と板を噛み合わせることで床全体を覆います。
一般的に、表面保護のためワックスを塗ったものが使われています。
経年変化によって深みのある色に変わっていったり、馴染んできたりと変化が楽しめます。
現状がフローリング以外の場合もフローリングへの張替えは可能です。

※状況によっては、フローリング施工のために下地補修が必須となる場合がございます。

複合(合板)フローリングとは

複合(合板)フローリングとは、複数の板を接着剤で張り合わせた合板(基材)の表面に天然木の薄板を張りつけたものをいいます。
色や柄、表面材の厚み、機能(遮音性や表面強度など)などバリエーションが豊富にあります。

フローリングのメリット
・無垢フローリングよりも価格が抑えられる
・色、柄のバリエーションが多く、色や模様が比較的均一している
・温度、湿度の変化に強く膨張や収縮、反りなどが生じにくい
・耐水性、耐候性があり、キズに強い
・耐摩耗性や強度を強化しているものもあり、用途で選べる
フローリングのデメリット
・表面の単板がはがれるような傷は補修が難しい
・経年変化を楽しむことはできない
・踏み心地が若干硬い
・見た目の高級感は得にくい

無垢フローリングとは

無垢フローリングは、天然木から取り出した木を1枚の板に加工したものです。
複合フローリングに比べて高価ですが、自然素材ならではの風合いや肌ざわりが魅力で、人気があります。

メリット
・断熱性が高い、感触に温かみがある
・調湿効果を持っており、季節ごとに快適に過ごせる
・アトピーやアレルギーの心配が少ない
・自然素材ならではの風合いや肌ざわりが良い
・経年変化を楽しめる
デメリット
・複合フローリングに比べて高価
・湿度変化にともない膨張、収縮し、反りや割れが発生する
・汚れやすいのでメンテナンスが大変
・自然素材のため、木目の色柄が均一でなくばらつきがある

タイルカーペットについて

汚れた部分のみ交換できる、タイルカーペット

汚れたところだけを部分的に張り替えでき、小さなお子様がいるおうちや、室内でペットを飼っている方など、普段の生活汚れを心配される方におすすめの床材です。
カーペット同様、防音性、クッション性、滑りにくさに優れ、部分ごとに交換できるので経済的です。
店舗やオフィスなど歩行量が非常に多い場所に適したタイプのタイルカーペットもございます。

タイルカーペットメリット
・汚れたところだけを部分的に張り替えでき、お手入れが簡単
・遮音性が高く、ホコリも付きにくい
・滑りにくく、ペットの足にも優しい
・接着剤が不要なタイプもあり、賃貸住宅にも利用可能
・カーペットに比べて施工時間が短い
・断熱性もあり、電気代が節約できる
タイルカーペットデメリット
・複合フローリングに比べて高価
・湿度変化にともない膨張、収縮し、反りや割れが発生する
・汚れやすいのでメンテナンスが大変
・自然素材のため、木目の色柄が均一でなくばらつきがある

タイルカーペットが最適なお部屋

タイルカーペットのメリットを活かして、こんなお部屋の床をタイルカーペットにしてみてはいかがでしょうか。
※写真はすべてタイルカーペットで張り替えたイメージです。

リビング
市松張りでアクセントをつければ、
個性的な空間に演出できます。
リビング
ライン柄を選べば、より奥行のある
空間に見せることができます。
リビング
同じ方向でまとめると、ロールカーペット
の様に統一感が出せます。
寝室
遮音性とクッション性に優れるので、
寝室に最適です。
応接間
色合いを家具と合わせれば雰囲気も
自由自在です。
レストランなどの飲食店
デザインのバリエーションも豊富なので、
高級感も演出できます。
オフィス
キャスター付きの椅子でもへたりにくく、
汚れたらすぐ交換できるのでよく利用されています。
待合室、エントランス
オフィスや核施設など、土足の利用が想定
される部屋や出入りの多い部屋に最適です
各種施設に
タイルカーペットを複数の色・柄を組み合わせ
ることもできるので、個性的なお部屋に演出できます。

フロアタイルについて

手軽に高級感を演出でき、耐久性に優れたフロアタイル

フロアタイルは石目や木目、フローリング材などをリアルに再現した塩ビ素材のタイルです。
特に木目は遠目から見ると本物と見間違うくらいの質感を持っており、フローリングを検討されているお客様にぜひ一度ご検討いただきたい床材です。
表面は特殊加工を施しているため耐久性に優れ、土足歩行が可能。店舗やオフィスの床材には最適です。

フロアタイルのメリット
・石目、木目、色柄のバリエーションが豊富
・耐久性があり土足歩行できる
・重いものを乗せても跡が残りにくい
・比較的安価に施工できる
フロアタイルのデメリット
・表面が堅く、クッション性がない
・塩ビ製のため、熱に弱い
・防音性がないため、防音性能を備えた床下地材が必要

フロアタイルが最適なお部屋は

フロアタイルのメリットを活かして、こんなお部屋の床をフロアタイルにしてみてはいかがでしょうか。
※写真はすべてフロアタイルで張り替えたイメージです。

リビング
フローリング調のフロアスタイルで
ナチュラルな印象に。
ダイニング
アクセントに明るい色のフロアタイル
混ぜておしゃれに。
子供部屋
カラフルな色のフロアタイルを選んで、
ポップでかわいい空間に。
洗面所
お手入れしやすいフロアタイルは
水周りにもおすすめ。
プライベートルーム
フロアタイルと壁の色を統一して、
落ち着いた印象の店舗に。
店舗
丈夫なフロアタイルは店舗に最適。
テラコッタ調で暖かな雰囲気に。
店舗
フロアタイルと壁の色を統一して、
落ち着いた印象の店舗に。
待合室、エントランス
医療機関の待合室などでは、明る
い色を選んで優しい雰囲気を演出
各種施設の廊下
色違いのストーン調フロアスタイルで、
モダンで高級感のある空間に。

カーペットについて

遮音性に優れ、足ざわりが良いカーペット

カーペットは断熱効果が高く経済的、防音性にも優れている床材です。ウール・アクリル・ナイロンなどの繊維素材でできていますので、
足触りが柔らかく、色彩のバリエーションの多さから、暮らしの演出には重要なポイントを占める大切なインテリアです。
大きく、「素材」「テクスチャー」「製造方法」などによって分類することができます。
素材と繊維の種類にカーペット選びのポイントが隠されていますので、それぞれの特徴をしっかり確認して、ライフスタイルに合ったカーペットをお選びください。

カーペットのメリット
・歩行時でも音は静か、階下への音漏れが他の床材に比べて少ない
・足が温かく、直接寝転ぶこともできる
・柔らかいので衝撃が直接足に響かない
・お部屋の雰囲気が豪華になり、高級感がある
カーペットのデメリット
・メンテナンスに手間がかかる(掃除が大変)
・他の床材に比べ、ダニが発生しやすい
・車いすやキャスターが付いたものは不向き
・高温多湿の環境では臭いが発生することも

カーペットが最適なお部屋

カーペットのメリットを活かして、こんなお部屋の床をカーペットにしてみてはいかがでしょうか。
※写真はすべてカーペットで張り替えたイメージです。

寝室・プライベートルーム
素足でも快適に過ごせます。
子供部屋
柔らかさと温かさが最適です
書斎
高級感が漂うお部屋になります
リビング・応接間
落ち着いた印象になります。
和モダンなお部屋・店舗
上品でシックな赤が似合います。
オフィス、教室、店舗など
歩行量が多いお部屋にもおすすめ。

畳について

伝統的で日本の環境に適している、足ざわりの良い畳

畳床(畳の芯)に、編んだい草を貼って作ります。
畳床(畳の芯)になる材料にフォームポリスチレンなど新建材を使ったものが主流で、ワラなどを使った製品は少なく高価となります。
畳にはクッション性があり湿気を吸ってくれるので、手触り・足触りが良く、高温多湿となる日本の環境に適した床材です。
転倒した際に怪我をする危険性も、かなり低くなります。厚みがある畳は、断熱性を備えます、畳表のい草には、空気を浄化する作用もあります。
自然の抗菌効果もあるので、室内環境を改善する効果
も期待できます。

畳のメリット
・天然素材なので感触が大変良い
・クッション性があり、柔らかいので衝撃が直接足に響かない
・い草には天然の浄化作用、抗菌作用がある
・定期的にメンテナンスすれば交換しながら長く使える
畳のデメリット
・メンテナンスに手間がかかる
・畳表が弱く、傷などが付きやすい
・薄い畳は、クッション性があまりよくない
・高温多湿の環境ではダニや臭いが発生することも

バリエーション豊富な畳の施工イメージ

畳と言っても様々。
伝統的な和室にするのか、近年人気の和モダンテイスト、畳縁無し、琉球畳など各種対応いたします。
施工イメージを参考に和室の畳を検討してみては。

日本古来の伝統的和室の畳
一般的な和室の畳交換、
サイズも各種対応いたします。
人気の和モダン和室向け畳
隣り合う洋室と調和をとれる和モ
ダンな畳もございます。
沖縄ならではの琉球畳
正方形の畳も対応しております。

お部屋別、床材の選び方

お部屋の用途によって、向き・不向きな床材があります。お部屋を大きく2つに分け、適した床材を紹介します。
床選びに重要な3つのポイントを中心に選ぶと良いです。

居室に適した床材

居室(リビング、ダイニング、寝室など)に適した床材。
日本の住まいは素足で床の上を歩いたり、床に直接座ったり、寝転んだりすることもあります。 肌ざわりがよく、ソフトな感触の床材がおすすめです。
また、お子様や高齢者とお住まい、ペットと暮らしている…といった場合は、機能性に優れた床材がおすすめです。
特にマンションにお住まいの場合は階下に音が響かないように遮音性にも気をつけたいところ。遮音フローリングやカーペットが最適です。

快適性 :  素足or室内履き?ラグやカーペットを敷く?
機能性 :  機能性表面強化、へこみに強い、水に強い
遮音性 :  遮音性階下に音が響かないように

各ポイントでおすすめの床材は
快適性 :  無垢フローリング、畳、カーペット、コルクタイル
機能性 :  クッションフロア、フロアタイル
遮音性 :  遮音フローリング、カーペット
天井を高く見せるor部屋を広く見せる
インテリア的には、床を濃い色に、壁と天井を薄い色にすると天井は高く見えます。
逆に床を薄い色にすると、お部屋全体に広がりを感じます。
天井の高さよりお部屋の広がりを重視したい場合は、床を薄い色にするとよいでしょう

水回りに適した床材

水回り(キッチン、トイレ、脱衣所・洗面所)に適した床材 水回りのお部屋で特に求められるのは、 水に強い・汚れに強い・お手入れのしやすさといった機能性です。
どんなに気を使っても、毎日使う水回りは水や洗剤や油汚れなどが飛び散ります。 お手入れは簡単な拭き掃除で済むようなクッションフロア、加工をした複合フローリングが最適です。
キッチン、トイレ、脱衣所・洗面所は、廊下などに比べて壁紙や床材を個性的に選びやすい箇所といえます。
システムキッチンや便器、洗濯機や洗面台などと調和の取れた色合いの床材にすると、統一感が出ます。

快適性   : 素足or室内履き?
機能性   : 水に強い、汚れに強い、表面評価
デザイン性 : 清潔に見えるもの、調和の取れたもの

各ポイントでおすすめの床材は
快適性   : 複合フローリング、クッションフロア
機能性   : クッションフロア、フロアタイル
デザイン性 : 複合フローリング、クッションフロア

特にクッションフロアは床材の柄が豊富

水回りだけどフローリングを使いたい、ストーンやタイルを使いたい…という方も ぜひ一度クッションフロアのカタログをご覧ください。
色も豊富な「ウッド柄」、大理石風の「ストーン柄」、フラワー柄や幾何学模様の 「パターン」、ベーシックな色柄の「プレーン」など種類が豊富です。

クッションフロア フローリング カーペット
タイルカーペット
フロアタイル
複合 無垢
快適性 足触り・手触り
温かさ
風合い
経年変化
機能面 耐水性
耐汚性
耐衝撃性
遮音性
耐久性
お手入れしやすさ
デザインの豊富さ
価格
化学物質対策