浴室・お風呂のリフォーム
身体の汚れを落とし、1日の疲れを癒す「風呂(浴室・お風呂)」は、快適性を重視して
リフォームしたいものです。 ここでは、風呂(浴室・お風呂)リフォームのノウハウを
中心に役立つ情報をまとめています。ぜひご活用ください。

最低限必要な浴室、洗い場の広さ

リフォーム前にまず浴室の広さのご検討が必要です。 これまでの浴室の標準サイズは0.75坪ぐらいですが、ゆとりをもって最低1坪ぐらいは確保したいものです。
リフレッシュ空間としての役割を重要視されるお客様であれば、1.25坪を超える大きな浴室も珍しくはありません。

洗い場では、人の動作に支障のないサイズの確保が必要です。 様々な面から不都合のない洗い場の大きさは、1200×1000㎜、スペースが許すなら、最低限これだけの大きさは確保したいものです。

在来工法
在来工法は、職人さんが家ごとの大きさ位に合わせて作ります。
そのため、従来の空間にきちんと納まります。
また浴槽の素材や大きさを自由に選べるというメリットがあります。
デメリットとしては工期が長くかかることが多く工賃が割高となります。

システム工法
システムバスは、メーカーが製造する既製品の各パーツを選び、現場で組み立て工法です。
軽量で工期も短く、工事も簡単なため工賃も安くつきます。工場生産の為、性能も均一です。
ただし、規格サイズのため、スペースが合うものに限られること、設計の自由度が低いなどのデメリットがあります。

ハーフユニット工法
浴槽、床、腰の高さ程度までの壁が一体(ユニットバス)で、壁面天井は自由な仕上げを可能とした工法です。
ユニットバスの安定品質や防水機能と、在来工法によるデザインの自由度という双方のメリット
1つの製品に両立させた新しいスタイルです。

浴槽の選び方(浴槽、バスタブの種類と素材)

浴槽、バスタブの種類

和式
ひざを折って肩までつかる日本人の入浴法に合わせた造りで、長さは80~120㎝と短く、
深さは45~65㎝と深い造りです。
スペースが広くとれない浴室には最適です。ただ深さがあるため、またぐ時に注意が必要です。

洋式
浅く長い浴槽に寝た姿勢で入浴できる。長さは120~180㎝と長く、深さ40~45㎝で浅い造りです。
寝た姿勢で入浴する浅い浴槽です。
滑りやすい、立ち上がりにくいなど問題点があるため、手すりなどの配慮が必要です。

和洋折衷
和式と洋式の長所をバランスよく組み合わせた浴槽です。
長さが100~160㎝、深さが50㎝前後で自然な姿勢で肩までお湯に浸かることができ、
ユニットバスに使われる浴槽としレは一番オーソドックスです。

その他
円形バスタブ、半円形バスタブなど、長方形以外のバスタブも最近は
バリエーションが豊富になってきています。
豪華感と角がないという安全性が注目されています。
素材の種類

ほうろう(ホーロー)
ほうろうは、鋼板ほうろうと鋳物ほうろうがあり、輸入品の浴槽にもみられる素材です。
独特な滑らかな肌ざわりと美しい色合いが特徴です。
耐久性もよく、お手入れも比較的簡単です。

人口(人造)大理石
合成樹脂などを原料とした大理石風の浴槽。
色外観が良く、耐久性、肌触り、 保温性も優れています。
多彩な色、形状が選べます。

タイル
タイルを貼って仕上げた浴槽。
形状がオーダーメイドでできるため、個性的なお風呂にできる反面、手入れともに手間がかかります。

ステンレス
ステンレスで成型した浴槽。
非常に錆びにくいため、耐久性に優れています。
暖かみはありませんが、肌触り、施工性は優れています。

木製
檜に代表される純和風イメージの浴槽。
保温性・耐衝撃が高く、木材独特の心地よい肌触りが人気の理由です。

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)
保温性・耐久性・耐衝撃性が高く、肌ざわりにぬくもり感がある。
カラーバリエーションも豊富で価格も手ごろ。
お手入れも簡単です。

システムバスのオプションの種類

リラックス効果を高める多機能シャワー
多機能シャワーは、さまざまな機能を持つシャワー(シャワーヘッドもしくはシャワーそのもの)ことで、
基本的には、水量や水流の種類、強さなど変えることができるシャワーです。

たとえば、霧雨のような水流や打たせ湯のような強い吐水、効果的に身体を温める吐水方法やマッサージ効果を持つような
水流などもみられ、機能は各メーカー、商品ごと多種多様です。
加えて、節水機能を高めたタイプは多くみられ、シャワーヘッドにオンオフや流量を調整するスイッチがあるタイプ、
水に空気を含ませるなどして、節水をしながらもたっぷりとした浴び心地を確保したタイプなどもあります。

ジェット噴流機能
浴槽に搭載される噴流機能もオプションとなるアイテム。
噴流口の数、さまざまな水流や細かな泡(マイクロバブル)など、各社工夫を凝らしています。
取り入れる際には、それぞれ、どんな効果があるのか、ショールームで実際に確認すること。
低騒音タイプもみられますが、戸建の2階やマンションに設置する場合は振動や音への配慮も必要です。

ミストサウナ
ミストサウナは40度~50度前後の湯気で浴室内を満たすものです。
ミストサウナはリラグゼーション効果が高く、一日の疲れを癒してくれるのはもちろんのこと、
お肌や髪がうるおい、毛穴の汚れもスッキリするなど美容に効果的と言われています。
低温でたっぷりと汗をかくことができるので、息苦しさが少なく、体にとても優しいです。

浴室テレビ、サウンドシステム
入浴しながら、好きな番組や音楽を楽しむことができる浴室テ レビやサウンドシステムも揃っています。
空間に馴染む、すっきりとスリムな形状のワイドサイズのタイプもみられます。
天井などに防水スピーカーを埋め込むサウンドシステムは、携帯型音楽プレーヤーやヘッドホンステレオなどとつなぐことも。
天井からの臨場感のあるサウンドを楽しむことが可能です。

演出が可能な照明プラン、LED照明
照明器具では、標準仕様でも、空間の広がりを実現するため、
天井埋め込み型やスリムなタイプなどもみられるようになりました。

オプションでは、壁面を照らすような演出効果の高いプランや調光システム、浴槽内の照明など、
リラックス効果をもたらすようなアイテムが用意されています。
また、省エネ効果の高いLEDタイプも増えてきており、空間と一体化するようなシンプルなデザインのタイプがみられます。